読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動的PDBスイッチングのメリット

Oracle WebLogic Server 12cとOracle Database 12cの組み合わせで、「動的PDBスイッチング」という機能を利用できます。 Oracle公式のホワイトペーパーでは、動的PDBスイッチングを利用しない構成を「Single data source per PDB」、利用する構成を「Single data source to pool connections to multiple Multitenant database」と言っています。

これらの違いと、動的PDBスイッチングを利用するメリットがピンと来なかったので、調べてみました。

■Single data source per PDB

  • 単一のデータソースが、ひとつのPDBの接続のために利用される
  • アプリケーションは、自分専用のデータソースを利用して、目的のPDBにアクセスする
  • メリット
    • データベースレベルでのスケーラビリティと柔軟性を確保
    • 旧バージョンのアプリケーションサーバーからもDBに接続できる

■Single data source to pool connections to multiple Multitenant database(動的PDBスイッチング)

  • 単一のデータソースから、複数PDBに接続できる
  • アプリケーションは、共有コネクションプールの利用時に自分が接続したいPDBを指定して、目的のPDBにアクセスする
  • メリット
    • コネクションプーリングと同様のメリットを、複数のアプリケーションにまたがって享受できる
    • コネクションプーリングのメリットは以下
      • コネクション生成のオーバーヘッドの削減
      • アイドル状態のコネクションの削減

参考リソース