読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows + Cygwin + Vagrant で WebLogic Server を動かす ~ java、WebLogic インストール編

前回の記事に引き続き、VirtualBox 上のゲストOSに、java と WegLogic サーバーをインストールしていきます。
本記事は、Vagrant を使ってゲストOSを構成する記事の続きですが、手順自体は Vagrant に依存するものではありません。LinuxWebLogic サーバーをインストールする際には、広く参考にしていただけると思います。

java のインストール

1. java のダウンロード

Oracle のダウンロードサイトより、最新のJDKを取得します。*1
Linux x64 用の tar.gz アーカイブをダウンロードして下さい(本記事の執筆時点では、jdk-8u60-linux-x64.tar.gz が最新です。以降の手順は、これをダウンロードしたものとして記します)。

2. java の tar.gz アーカイブをゲストマシンに転送

ダウンロードした tar.gz アーカイブを Cygwin のホームディレクトリに配置しておき、以下のコマンドを実行します。

$ scp ~/jdk-8u60-linux-x64.gz wls_ol:~/

このコマンドで、wls_ol の ssh 接続設定を使って、ホームディレクトリ直下にファイルを転送します。
以下のようにコンソールに出力されたら、転送完了です。

jdk-8u60-linux-x64.gz                      100%  173MB  43.2MB/s   00:04

3. java のアーカイブを展開して、PATH を設定

以下のコマンドを順次実行し、java のアーカイブを展開します。

$ ssh wls_ol
$ mkdir ~/java
$ mv ~/jdk-8u60-linux-x64.gz ~/java
$ tar zxvf ~/java/jdk-8u60-linux-x64.gz -C ~/java

続いて、.bashrc に java コマンドへの PATH を通す記述を追加し、再読み込みします。

$ echo export JAVA_HOME=~/java/jdk1.8.0_60 >> ~/.bashrc
$ echo export PATH=\$PATH:\$JAVA_HOME/bin >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc

java コマンドの動作を確認しておきます。
以下のコマンドで java のバージョン情報が表示されれはOK。

$ java -version

WebLogic サーバーのインストール

1. WebLogic サーバーのダウンロード

java と同じく、Oracle のダウンロードサイトより、最新の開発者用zipアーカイブを取得します(本記事の執筆時点では、wls1213_dev.zip が最新です。以降の手順は、これをダウンロードしたものとして記します)。

2. WebLogic サーバーの zip アーカイブをゲストマシンに転送

ダウンロードした zip アーカイブを Cygwin のホームディレクトリに配置しておき、以下のコマンドを実行します。

$ scp ~/wls1213_dev.zip wls_ol:~/

3. unzip のインストール

今回使用している Oracle Linux には、unzip が入っていないので、yum で取得します。 以下のコマンドを実行してください。

$ ssh wls_ol
$ sudo yum install unzip

途中、インストールしてもOKか確認するメッセージが表示されますので、y + [Enter] を入力します。
以下のようにコンソールに出力されればOKです。

Resolving Dependencies
--> Running transaction check
…
Installing : unzip-6.0-15.el7.x86_64                                   1/1
Verifying  : unzip-6.0-15.el7.x86_64                                   1/1

Installed:
unzip.x86_64 0:6.0-15.el7

Complete!

4. zip アーカイブを展開して、PATHを設定

以下のコマンドを順次実行し、WebLogic サーバーの zip アーカイブを展開します。

$ ssh wls_ol
$ mkdir ~/wls
$ mv ~/wls1213_dev.zip ~/wls
$ unzip wls1213_dev.zip -d ~/wls

続いて、環境変数に MW_HOME(WebLogic サーバーのホーム)を追加します。.bashrc に環境変数を設定する追加し、再読み込みします。

$ echo export MW_HOME=~/wls/wls12130 >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc

5. WebLogic Server のインストール

いよいよ WebLogic Server を実際にインストールしていきます。

$ cd $MW_HOME
$ source $MW_HOME/configure.sh
…
Do you want to configure a new domain?  [y/n]? n

ドメインはこの後で作成するので、ドメインを作成するかどうか聞かれたら、n + [Enter] とします。

続いて WebLogic サーバー用の環境設定を行います。

$ source $MW_HOME/wlserver/server/bin/setWLSEnv.sh
…
Your environment has been set.

最後に、ドメインの作成です。

$ mkdir ~/domain
$ cd ~/domain
$ java $JAVA_OPTIONS -Xmx1024m -XX:MaxPermSize=256m weblogic.Server
…
No config.xml was found.
Would you like the server to create a default configuration and boot? (y/n): y

config.xml を使用せずにデフォルトの構成でドメインを作成するので、y + [Enter] とします。

Enter username to boot WebLogic server:weblogic
Enter password to boot WebLogic server:
For confirmation, please re-enter password required to boot WebLogic server:

WebLogic サーバーの管理ユーザーのユーザー名、パスワードを聞かれるので、設定したい値を入力します。

以下のようにコンソールに出力されたら、無事にインストールが完了し、WebLogic サーバーの管理コンソールが起動しています。

<07/09/2015 2:10:36 PM AEST> <Notice> <WebLogicServer> <BEA-000360> <The server started in RUNNING mode.>
<07/09/2015 2:10:36 PM AEST> <Notice> <WebLogicServer> <BEA-000365> <Server state changed to RUNNING.>

"http://localhost:8001/console" にアクセスすると、管理コンソールのログイン画面が表示されるはずです。
前回の記事で、Vagrant 上にゲストOSを構成するときに 8001 -> 7001 のポートフォワードの設定をしていますので、左記のURLにアクセスすると、ゲストOSの7001番ポートにリクエストを投げていることになります。

f:id:charlier_shoe:20150907133514p:plain

6. Weblogic Serverの停止/起動

WebLogic Server を停止するには、WebLogic サーバーを起動させているコンソールで、[Ctrl] + c を入力します。 また、起動するには以下のコマンドを実行します。

$ ~/domain/startWebLogic.sh

VirtualBox 上のゲストOSに java と WegLogic サーバーをインストールする手順は、以上です。

*1:wgetコマンドで、ゲストOS上に直接ダウンロードする方法もあります: Linuxでjdkをwgetする方法